ERCP看護

ERCP(内視鏡的逆行性胆管膵管造影法)
ERCPとは
総胆管まで内視鏡を挿入していき内視鏡の先から造影剤をいれて胆管・膵管を造影する検査

目的

総胆管に造影剤を注入し、胆道系・膵管を直接造し診断や治療を行う目的
内視鏡的逆行性胆管膵管造影(ERCP)
内視鏡的乳頭切開術(EST)、
内視鏡的乳頭バルーン拡張術(EPBD)
総胆管結石に対する内視鏡的採石術、砕石術
内視鏡的経鼻胆道ドレナージ(ENBD)
内視鏡的経鼻膵管ドレナージ(ENPD)
内視鏡的ステント留置術
上記を行うことにより
1膵管・胆管の評価
2膵管・胆管の閉塞・狭窄の有無の確認から治療
3膵管・胆管内の結石の有無の確認から治療
をすることができる

適応疾患

膵疾患 
膵腫瘍
胆石嵌頓による急性膵炎
慢性膵炎
膵のう胞
急激な糖尿病の悪化
超音波検査、CTでの膵管拡張
膵アミラーゼの上昇
胆道疾患
胆嚢腫瘍(胆嚢癌、胆嚢線種、胆嚢ポリープ)
胆道疾患(胆嚢結石、総胆管結石、胆嚢壁肥厚)
胆管腫瘍(胆管癌、炎症性ポリープ)
閉塞性黄疸  
胆道系酵素上昇
その他の胆管疾患

手順 手技 方法


前日
21時より絶食 当日0時よりNPO +当日の内服(常用薬)をどれを飲ますか医師へ確認
(ワーファリンなどの薬(抗凝固剤・抗血小板剤)を休薬しているかの確認。
同意書の確認(同意書がない場合は医師へ連絡)
検査当日
ライン確保
検査時
ミラクリッドやFOY投与+貴重品をはずす(入れ歯(義歯)指輪・時計など)+同意書をもって検査室へ
手順
①検査5分前にブスコパン投与(禁忌事項あり)。
②咽頭麻酔(キシロカイン)施行
③左側臥位にて内視鏡を挿入
④十二指腸乳頭部より造影チューブを乳頭開口部に挿入。
⑤造影チューブから直接造影剤を総胆管・膵管に入れる。

検査後の看護観察 観察ポイント 観察項目

①治療内容の確認
何をする予定で検査に入り実際に何をしてきたのかまたはできなかったのか
(ERCP-ENBD-ENPD-ステント術)の確認
例)ステント挿入予定であったが、入らなかった。など
(ステントにも種類がありチューブステントなのかメタリックステントなのかなど)
②検査時どんな薬剤をどの程度使用してきたのかの確認
ドルミカム(ミタゾラム)やオピスタンの使用の有無・アネキセートの使用の有無
(ドルミカムよりアネキセートのほうが半減期が短いので検査後覚醒していても再度覚醒不良になることがあるため、検査時の薬の使用状況を確認する)
③検査後の安静や飲水制限の確認+点滴指示の確認+ERCP後採血の時間の確認
④症状の観察
・バイタル(帰室時+1時間後+安静解除時)
 (検査前・検査時と比べてどうか)
・嘔気・嘔吐の有無
 (検査前よりベッドにガーグルベースンを用意しておく) 
・覚醒状況
 薬による呼吸抑制の程度(SPO2を覚醒するまでモニターする)や飲水制限や安静を守れそうか、理 解度のチェックやENBD挿入時の自己抜去のリスクがないかチェック
・疼痛(腹痛+咽頭痛)特に腹痛の有無の確認
 (ERCP後重症膵炎の兆候として腹痛があり、急激な腹痛を訴える場合は医師へ相談する)
⑤ENBDまたはENPD挿入時ENBD(ENPD)の固定をしっかりと行う
(排液の有無や量・色・性状のチェック)

合併症

急性膵炎(10%前後)
発生時は絶食となるため、点滴継続となる(通常検査後の採血または検査後翌日の採血にて発覚)
胆管炎 消化管穿孔(内視鏡リスク+EST時など)


ERCP検査時の経過
前日
21時より絶食 
当日
0時よりNPO +当日の内服(常用薬)をどれを飲ますか医師へ確認
朝ライン確保
検査後
2時間にて採血+水分開始
(採血の結果を確認し医師へ報告)
翌日
朝採血
朝の採血の結果により昼より食事開始。

看護技術wiki
      • -------------------------------------------------------------------




  • 最終更新:2012-07-31 13:59:49

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード