陰部洗浄方法

陰部洗浄

目的

皮膚を清潔にして気分を爽快にする
陰部の観察をする。
尿路感染の予防をする においをなくす

適応
自分で清潔を保つことができない人
麻痺や意識障害 終末期医療の患者さんなど

必要物品 準備物品
陰部洗浄用ボトル タオル バスタオル 便器(オムツ) 微温湯(39度程度)石鹸
手袋(看護師用) 未滅菌ガーゼ

手順 方法 手技


①看護師の手をあらう

②患者に説明する

③カーテンを閉める

④下着を外し便器を挿入またはオムツを使用
※バスタオルなどをして保温・プライバシーに配慮する
※便器挿入時患者さん自信が腰をあげれない場合側臥位にして挿入する

⑤皮膚や粘膜、デクビの有無など観察を行う

⑥看護師が手袋を着用する

⑦陰部洗浄用ボトルにて恥骨から肛門にかけて洗い流す
※湯をかける前に看護師の上腕内側などで温度を確かめてから湯をかける
理由=高温など熱傷の危険があるため

女性
大陰唇を広げてしっかりと洗う
※汚染しやすいためしっかり広げて十分に洗う
男性
陰茎から陰部の順に洗う
※亀頭部をしっかりと出し石鹸で洗う

⑧ガーゼに石鹸をしっかりと泡立てる

⑨石鹸でしっかりと洗う

⑩石鹸を洗い流す

⑪しっかりとふき取る
※亀頭部の包皮は元に戻すようにする。

⑫下着を着用する

⑬カーテンを開ける

尿道カテーテル挿入患者の注意点
①固定用テープをはがす際皮膚に沿ってはがし、貼付部位の皮膚の観察を行う
②洗浄時、バルンカテーテルを引っ張らないよう片方の手で固定しながら行う。
③固定用テープを前回貼付部位とは別の部位を選択し固定を行う。


観察ポイント 観察項目 観察事項

不快感の有無 掻痒感の有無 臭いの有無 分泌物の有無 皮膚の発赤やびらんなどの観察
下痢、失禁の程度 羞恥心への配慮 清潔への意識の確認 看護師への遠慮はないかの確認

注意点 留意点

プライバシーの保護に努める
(カーテンを閉めるまたは陰部の不要な露出を避けるためタオルなどで覆う)
患者さんにお湯をかける前に自分の手の上腕内側などで温度を確かめてから湯をかける。
理由=高温など熱傷の危険があるため


変更や追加などあればぜひ下よりおねがします。細かいことでも結構です。こうだったかもでも結構です。名前はペンネームでお願いします。150文字で入らなそうな場合は右下のメール欄からお願いします。またサイトを見ていただいている方で答えられるものがあれば答えていただけたら嬉しいです。みんなで解決していけたらいいと思っています。

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。

投稿済みコメントに返信する場合はコメントを選んでから投稿してください。


画像認証
  • ポータブルトイレやウォシュレットを使っての陰洗を知りたかったです --- すぅむ (2012/03/06 00:42:42)
  • オムツ交換の方法載せていただくと助かります --- まななん (2012/05/02 09:27:32)
    • コメントありがとうございます。おむつ交換の方法を載せてみました。 --- ayatyan0709 (2012/05/07 02:24:22)
  • ⑨の石鹸で洗う際の順番を根拠を含めて詳しく知りたかったです --- いも (2014/05/28 02:03:40)
  • 留意点のところ、前腕内側がふつうかな --- (2014/07/18 02:51:38)
  • 片手で石鹸を泡立てる方法を載せていただけると助かります --- ないち (2016/06/10 18:38:39)
      • -------------------------------------------------------------------




  • 最終更新:2013-03-22 20:16:37

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード