逆行性膀胱撮影・排尿時膀胱尿道撮影(CG・VCUG) 介助

逆行性膀胱撮影(CG) 介助

目的

手術後の膀胱状態(変形・欠損)の観察や腫瘍の造影、
外傷の確認、膀胱瘻・膀胱直腸瘻の診断を目的

必要物品 準備物品
消毒キット ネラトンカテーテル(12Fr程度) 滅菌手袋(医師用) 50ml注射器 キシロカインゼリー
滅菌カップ 防水シーツ 造影剤 生食500ml  感染用ごみ袋

手順 手技 介助 方法


患者さんに説明を行う

患者さんに着替えをしてもらい、下半身のみ脱衣してもらい、
検査台に仰臥位になってもらう。プライバシーに配慮する

必要物品の準備
(造影剤と生食を混ぜたものを不潔にならないように滅菌カップに入れる)

医師が滅菌手袋を着用しネラトンを尿道より挿入するのでその介助につく
参照

医師にて造影剤の注入
造影剤注入後全身状態・患者の顔色や訴えを観察

ネラトンを抜去し撮影を行う

後始末をする

検査後 注意点 留意点

造影後排尿時痛や出血がおこることがある
(これらは自然に消失する)
水分を十分に摂取させて造影剤の排泄を促す

排尿時膀胱尿道撮影(VCUG)

目的

排尿時の膀胱や尿道の機能や形態を調べる
膀胱尿管逆流現象の有無を調べる

必要物品 準備物品
消毒キット ネラトンカテーテル(12Fr程度) 滅菌手袋(医師用) 50ml注射器 キシロカインゼリー
滅菌カップ 防水シーツ 造影剤 生食500ml  感染用ごみ袋 尿器

手順 手技 介助 方法


患者さんに説明を行う

患者さんに着替えをしてもらい、下半身のみ脱衣してもらい、
検査台に仰臥位になってもらう、プライバシーに配慮する

必要物品の準備
(造影剤と生食を混ぜたものを不潔にならないように滅菌カップに入れる)

医師が滅菌手袋を着用しネラトンを尿道より挿入するのでその介助につく
参照

医師にて造影剤の注入
造影剤注入後全身状態・患者の顔色や訴えを観察

ネラトンを抜去

その後立位式または座位式撮影台へ移動し患者さんに排尿をしてもらいながら撮影
(または導尿しながら撮影)

後始末をする

検査後 注意点 留意点

造影後排尿時痛や出血がおこることがある
(これらは自然に消失する)
水分を十分に摂取させて造影剤の排泄を促す

      • -------------------------------------------------------------------




  • 最終更新:2012-08-02 03:32:42

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード