輸血PC(PLT)

濃厚血小板(PC)血小板数(PLT)

保存温度 :20~24℃で振盪し保存
有効期間 :4日間

保存温度:2~6℃
保存期間:4日間
1単位  :約20mL  1袋
2単位  :約40mL  1袋
5単位 :約100mL 1袋
10単位 :約200mL 1袋
15単位 :約250mL 1袋
20単位 :約250mL 1袋

施行 方法 手技 手順


①PCが準備でき次第、輸血部より連絡あり、すぐ使うかどうか確認するためいちど電話を切る

②医師にPCを今あげていいかを確認する

③OKであれば輸血部へTEL。 だめであればまた午後なり時間調整する

④輸血部へ行き、PCを病棟へあげる
(あげた時点で確認する項目
・患者氏名 血液型 製剤名 単位数 血液製造番号 有効期限 バッグ外観(黄色ブドウ球菌による凝固物など)

ラインを確保する
医師にてライン確保を行う
※静脈針は18~20G
※細い針を使用する場合は加圧せず行う。成分がくずれるため
※生食を使用しライン確保をすることが多い。

ラインをつなぐ

⑤医師へTELし、患者認証装置または複数の医療者にて確認をして、医師につないでもらう。
再度確認事項
・患者氏名 血液型 製剤名 単位数 血液製造番号 有効期限 バッグ外観
※患者氏名は3点確認(呼名 ベッドネーム IDバンド)
(このとき時間どのくらいで落とすかをDrに確認する。または指示簿通り落とす予定)

⑥その後5分は副作用のチェックのため患者から離れない。指示速度に関係なくゆっくり落とす

⑦その後15分(投与後から)後に再度訪室し再度副作用症状のチェックを行う
(熱感+発熱、血圧、発疹の有無、倦怠感、嘔気)

⑧点滴速度をゆっくりから指示速度へ変更

⑨終了後、輸血終了処理を行う。

⑩記録を残す。 投与時から5分、15分、終了後の状態

※PCは病棟へあげてから3時間いないに落とし切るのが基本。小児は例外
※振とうする理由:振とうしないと血小板の代謝によって生じる乳酸が原因でpHが低下し血小板に傷害がおこり輸血効果が低下する
※単剤投与の原則:カルシウムイオン含む点滴と混注することで凝固がおこる

合併症 副作用


即時型 (輸血開始後数分から数時間以内)
型不適合の可能性:直ちに輸血を中止し医師へ連絡
アナフィラキシーショック 細菌汚染血輸血(菌血症)
DICなど

遅発型 (24時間以降)
輸血後GVHD(死亡率90%以上の遅発性疾患) ウイルス感染症(下参照) 輸血後紫斑病(頻度は低い)など

輸血による感染症
HCV HIV HBV 梅毒 回帰熱 ライム病などなど
その他
緊急輸血の際には異型ではありますが、RCCではO型。FFPではAB型が使用されます。
ペンネーム=中の人」さまより情報提供していただきました。


変更や追加などあればぜひ下よりおねがします。細かいことでも結構です。こうだったかもでも結構です。名前はペンネームでお願いします。150文字で入らなそうな場合は右下のメール欄からお願いします。またサイトを見ていただいている方で答えられるものがあれば答えていただけたら嬉しいです。みんなで解決していけたらいいと思っています。

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。

投稿済みコメントに返信する場合はコメントを選んでから投稿してください。


画像認証
  • 保存温度が2種類あります。  --- 8491 (2013/09/06 11:38:31)
      • -------------------------------------------------------------------




  • 最終更新:2013-02-17 21:18:57

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード