脈拍測定 手順 注意点 観察項目

脈拍測定方法 部位 手順

目的

①疾患の兆候として現れる熱を観察し患者さんの状態を把握するため
②疾患の現在の状況やいままでの熱型の経過の流れを把握するため

必要物品 準備物品
秒針つき時計

手順 手技 方法


①患者さんに説明を行う

②示指 中指 薬指 の3本の指で通常橈骨動脈に沿って軽くあてる。

③15秒または30秒または1分測定を行い、1分値を記録に残す
※15秒の場合は4倍 30秒の場合は2倍にする
※不整脈があるときや100回/分のときは1分間測定を行う

④終了


注意点 留意点

※安静時に測定をする(運動直後や入浴直後は避ける
※脈拍とともに脈圧・左右差・リズムも観察する
※緊張させないよう安楽な体位で測定する

観察項目 観察ポイント

※異常時はもともと不整脈があるのかや胸部症状(動悸、胸痛など)・全身症状やめまい・他のバイタルも一緒に観察し、必要時医師へ報告する
※前回値や前の一週間値を参考に、異常なのかそうでないのかを判断する。
(今回40回/分で異常だがもともと40回/分の人であり、さほど問題ではない)
不整脈の評価
呼吸性不整脈  吸気時に脈が速くなりほとんどが生理的なもの。幼児期に多い
期外収縮  脈が抜けたように感じる
絶対不整脈  リズムが不規則となる
左右差がある
触知部位より上部の血管の狭窄が考えられるため左右差がある場合は四肢で血圧測定を行い比較する

変更や追加などあればぜひ下よりおねがします。細かいことでも結構です。こうだったかもでも結構です。名前はペンネームでお願いします。150文字で入らなそうな場合は右下のメール欄からお願いします。またサイトを見ていただいている方で答えられるものがあれば答えていただけたら嬉しいです。みんなで解決していけたらいいと思っています。

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。

投稿済みコメントに返信する場合はコメントを選んでから投稿してください。


画像認証
  • 脈拍測定の目的が体温測定と同じになってますよー(・・;) --- RYO (2013/08/18 23:13:39)

      • -------------------------------------------------------------------




  • 最終更新:2012-07-27 16:44:29

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード