点鼻方法

点鼻方法

準備

①点鼻の薬剤を用意し薬効と副作用を確認
②患者さんに点鼻をすることを説明する
薬の効果と副作用 点鼻後咽頭に苦い味がすることを説明
③ベッドに横になってもらい首を後ろに反らしてもらう

必要物品
点鼻薬 ティッシュ

手順 手技 方法

①点鼻する鼻孔は左右のどっちに行うかまたは両方に行うかを確認
②患者さんに首を後ろに反らしてもらう。枕などで首を後ろにそらすとよい
※点鼻後2分程度そのままいてもらうため枕があったほうがよい
③指示側(または両方)の鼻孔に必要な滴数を滴下する。点鼻薬の先端が鼻に触れないようにする。
④薬剤が吸収されるまで2分間程度はそのままの姿勢でいるように説明する
⑤鼻腔よりでてきた余分な薬剤をティッシュで拭く。
⑥そのままの状態で2分程度我慢できそうか確認
⑦30分くらいは鼻をかむのを控えるように説明。
⑧冷所保存など点鼻薬を保管場所に戻す。

看護のポイント 観察ポイント

①安静の保持ができるか
②効果の判定 
③患者さんの訴えを傾聴

      • -------------------------------------------------------------------




  • 最終更新:2012-08-02 03:26:01

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード