気管挿管の介助

気管挿管の方法(介助)

目的

上気道の閉鎖時の緊急気道確保
呼吸状態の悪化による人工呼吸器管理の必要時
全身麻酔の呼吸管理

必要物品 準備物品
喉頭鏡(明りがつくかを確認) 気管チューブ 注射器(エア確認エア入れ用)スタイレット バイドブロック キシロカインゼリー
ジャクソンリース 固定用テープ 酸素 吸引セット ディスポ手袋 アンビューバッグ 心電図モニター
(通常救急カートを準備する)

手順 方法 手技

1)医師が到着までにする準備

・部屋の確保(個室または処置室など作業がスムーズに行える部屋)
ベッドの上の部分を外し患者の頭の下に丸めたタオル等を敷き頭を後屈させる。

・入れ歯を外し、アンビューバッグにて換気を行う
・喉頭鏡を組み立てライトが点灯するか確認する
・吸引・酸素・心電図モニター・救急カートの準備

2)医師到着後

・挿管チューブのサイズを医師に確認し、エアーを入れカフ漏れがないか確認する
気管チューブのサイズと固定位置の表
年齢 内径
(mm)
チューブの固定位置
(先端から門歯または外鼻孔までの長さ
経口(mm) 経鼻(mm)
未熟児 2,5 10
成熟新生児 3,0 10 11~12
1~6ヶ月 3,0 10 11~12
6~12ヶ月 3,5 11 12~13
1~2歳 4,0~4,5 12~13 15~16
3~4歳 4,5~5,0 13~14 16~17
5~6歳 5,0~5,5 15~16 18~19
7~8歳 5,5~6,0 16~17 19~20
8歳~ 6,0~ 17~ 20~
成人女性 7,0~8,0 (通常21~24cm) (通常23~26cm)
成人男性 8,0~9,0


・必要時口腔内の吸引を行う

・スタイレットの形を整え挿管チューブ内に通す。
スタイレットの先が挿管チューブの先から出ないよう、
2から3cm程度チューブの手前に来るように挿入する

・挿管チューブの先にキシロカインゼリーを塗布する

3)ここから挿管チューブ挿入の手順

医師へ喉頭鏡を手渡す

医師へスタイレットの入った挿管チューブを手渡す

医師の指示を待って挿管チューブからスタイレットを取り除く

カフを入れる

医師が呼吸音の聴取を行い、挿入出来ているか確認する
看護師がジャクソンリースで換気を行う

医師に挿管チューブを把持してもらい清潔操作にて吸引を行う

バイドブロックを患者の口角に挿入し挿管チューブと共にテープで固定する

レントゲンを撮影し挿管チューブの位置を医師に確認してもらう
(レントゲンの結果によりテープの再固定)

マジックなどで挿管チューブの固定位置に印をつける

医師に挿管チューブの固定位置を確認し、〇ミリの〇cm固定と記録へ残す

医師の指示にて人工呼吸器を用意する。

挿管中観察項目 観観察ポイント 看護のポイント

患者の訴えの観察 意識状態 顔色 チアノーゼの有無 呼吸数 呼吸パターン バイタルサイン

注意点 留意点

熱傷などの場合 鼻翼に縫合し固定 
呼吸状態の改善後抜管であるが、長期管理となる場合は気管切開を行う
カフ圧を適正に調整する
カフ圧が高い:気管圧迫により粘膜の潰瘍、出血、肉芽形成を引き起こす危険
カフ圧が低い:誤嚥や人工呼吸器管理下では、必要量の酸素が投与できず漏れてしまう。
体位変換時は必ず2名で行い、抜管に気をつける
せん妄になりやすく、必要時抑制・鎮静を行う

気管挿管(経口・経鼻・気管切開)の特徴

  経口挿管 経鼻挿管 気管切開
適用 ・緊急の気道確保
・2週間以内の気道確保
・経鼻挿管、
気管切開が困難例
・開口障害 ・挿管困難&br・長期人工呼吸器
特徴 緊急時の気道確保 ×
挿管の難しさ ×
太めのチューブの使用 ×
チューブ交換の難しさ ×
気管チューブの固定性 ×
会話の可能性 × ×
患者の苦痛 ×
口腔ケアの困難度 ×
経口摂取の困難度 ×
挿入時気道感染リスク ×
      • -------------------------------------------------------------------




  • 最終更新:2012-07-27 03:56:09

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード