気管内吸引方法

気管内吸引 サクション
  開放式吸引方法 閉鎖式吸引方法
酸素濃度 維持できない 維持できる
換気・PEEPの維持 できない できる
肺胞の虚脱 起こしやすい 起こしにくい
飛沫感染 危険あり 危険がひくい
低酸素血症 起こしやすい 起こしにくい


気管内の吸引圧 :100~150mmHg(単位に注意)
カテーテル挿入目安:気管内チューブ(経口挿管):30~40cm
          気管カニューレ(気管口) :20~30cm

目的

痰による気道閉鎖を予防し呼吸困難感を軽減させる
肺のガス交換能を維持・改善させる

方法 手順 手技

手をきれいに洗い清潔にします。
呼吸状態、痰(分泌物)の状況をよく観察
不潔にしないようサフィードをあけて清潔操作で清潔手袋(未滅菌でよい)を着用。
※通常は先に口腔・カフ上部の吸引を行う
吸引器からカテーテルに蒸留水を通して、吸引状態を確認してから吸引を開始
※人工呼吸器使用時は呼吸器をテストラングに装着しジャクソンリースなどで100%酸素投与を行い、モニターを観察しながら行う
気管内チューブ・気管カニューレに沿って、カテーテルを挿入します。
挿入時、陰圧をかけないように接続部でカテーテルを折り曲げる
気道粘膜を損傷しないように、カテーテルの先端を挿管チューブに接触するように吸引
ピストンさせる吸引は気管壁を損傷する危険あり、
回したりして吸引する方法は根拠がない
1回の吸引時間は、10~15秒以内で行います。
※呼吸器使用中はなるべく10秒以内で行う
※痰が引けるところで止めしっかりとその部分の吸引を行う
取り切れない場合は何回かに分けて行います。
吸引が終了したらアルコール綿で拭き蒸留水を通して破棄
吸引ビン内が半分以上になったら捨てます。
カテーテルは1回ごとに交換。

吸引時のポイント

体位変換や肺理学療法を併用することで効果が上がる
分泌物が多量な場合、15秒程度で一度終了にし回数を分けて行う
未確認現在では7秒以上する場合は数回に分けて施行(呼吸状態の悪い時??)ペンネーム=umiさんより
必要時SPO2をチェックしながら行う
痰の粘稠が強いときは薬液ネブライザーなどで加湿を行いサクションをする
吸引時、SPO2の低下が起こる患者さんに対しては
吸引前に酸素を少し上げてからサクションを行う

吸引による合併症
無気肺 低酸素 不整脈 軌道粘膜損傷  

吸引時の観察ポイント 観察事項

痰の性状 色 量 粘稠度を確認 
吸引時の患者さんの状態を観察
SPO2 顔色 チアノーゼ モニター時は不整脈の有無
前後の呼吸数 肺音の前後の変化
意識のある患者さんの場合はしっかりと説明をしてから行う
サフィードチューブのサイズをしっかりと選択して行う

キシロカインスプレー使用に関しては病棟では使用していましたが、
下記の理由にて記載をやめました。
気管チューブのマニュアル(箱についてくる説明書)に下記が記載していたため。
潤滑剤に リドカイン噴霧剤(例:キシロカインスプレー等)を使用しないこと。
[カフに穴が 開くこと、印刷された深度マークなどが消えることがあるため
他にも理由があるようですが、しっかりと書かれていたことだけ載せてみました。

注意点

カテーテル挿入時

カテーテル挿入目安について。
挿管チューブの○○cmのメモリと同様に吸引チューブにも
○○cmがあります。そのメモリを合わせることで、
挿管チューブと吸引チューブの先端を合わせること可能。

挿入の長さの目安
先端が合った状態から1cmほど進めたところで吸引。
理由:深く挿入しすぎると気管損傷の原因+右肺しか吸引できなかったり、
無気肺の原因となります。
定期的な吸痰は上記リスクがあるので聴診等で痰があることを確認してからの吸痰する。
(上記注意点を「ペンネーム=中の人様」より 、情報ありがとうございました。
毎回ありがとうございます。)
吸引する目安として下記参照
気管支位置で分泌物の存在を示唆する副雑音が強く聴取
(ブツブツ・グーグーという音=断続性ラ音)
呼吸音の低下が認められる場合
チューブ内に分泌物が見える
胸部に手を当てることでガスの移動に伴う振動がある
ラ音が聞かれない場合は痰が引けないことが多い

閉鎖式吸引方法


目的

痰による気道閉鎖を予防し呼吸困難感を軽減させる
肺のガス交換能を維持・改善させる

気管内の吸引圧 :100~150mmHg(単位に注意)

手順 手技 方法

①吸引コネクターを接続
②片手で気管チューブを固定しながらもう一方の手で吸引カテーテルを挿入
③吸引のバルブを開放しカテーテルをゆっくり引き抜く
※吸引カテーテルはマーカーがしっかりと吸引コネクタ内に入るまで引き抜く
④吸引バルブを開放し洗浄ポートよりワッサーを吸引し吸引チューブの洗浄を行う
⑤呼吸・痰の状態を観察し必要時再度吸引を行う
⑥吸引バルブをロックし終了となる。


変更や追加などあればぜひ下よりおねがします。細かいことでも結構です。こうだったかもでも結構です。名前はペンネームでお願いします。150文字で入らなそうな場合は右下のメール欄からお願いします。またサイトを見ていただいている方で答えられるものがあれば答えていただけたら嬉しいです。みんなで解決していけたらいいと思っています。

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。

投稿済みコメントに返信する場合はコメントを選んでから投稿してください。


画像認証
  • 「気管吸引におけるキシロカインスプレーの使用は,結論から言うとNG」と他のサイトに書かれていたのですが・・・。 --- 親知らず (2012/01/14 17:32:31)
  • ご指摘ありがとうございます。確かにご指摘通りみたいです。現場で使用をしていたため記載してしまいました。 --- ayatyan0709 (2012/01/15 07:55:23)
  • 質問なんですが 蒸留水の容器の交換はどのくらいで行えばよいですか? --- toki (2012/02/24 14:49:04)
    • うちの病院では感染対策から8時間おきに交換しています。ディスポ蒸留水をつかうこともあります。 --- ayatyan0709 (2012/02/24 14:58:44)
  • ありがとうございます。私新規開設した病院で感染委員をしてるんですが…大変で…また相談のってください。(>0<) --- toki (2012/02/25 10:52:22)
  • 気管吸引したカテーテルを消毒しないで、そのまま口の中も吸引する看護師さんは大丈夫なのですか? --- 患者の父 (2013/07/08 10:10:58)
  • 質問です。雑誌「看護技術」にはカテに陰圧をかけたまま挿入することで突然の吸引による粘膜損傷予防になると、一般的看護テキストののっとった本サイトの解説とはことなる記載があって迷ってしまうのですが、原則はどうなのでしょうか。 --- takigucm (2014/02/09 14:59:40)
    • 追伸です、看護技術vol59no6です。 --- takigucm (2014/02/09 15:17:46)
      • ご指導、ありがとうございました!!!臨床現場の実際がわかり、とても助かります。これからもよろしくお願いします。 --- takigucm (2014/02/11 17:21:32)
      • 臨床での基本は永久気管孔以外気管カニューレの長さまで挿入せずに行うため、粘膜損傷は避けられると考えられますが、、。 --- ayatyan0709 (2014/02/11 04:18:40)
      • 原則とのことなので、学生であれば現時点での教科書に書かれているもので確認するのがよろしいかと思います。今後変わるかもしれませんが。 --- ayatyan0709 (2014/02/11 04:10:41)
      • 看護技術は変化していくものなので、雑誌が最新で間違いないと思いますが、病棟では現時点では吸引をかけずに挿入が主流だとおもいます --- ayatyan0709 (2014/02/11 04:09:25)

      • -------------------------------------------------------------------



  • 最終更新:2014-03-18 12:10:37

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード