手術前検査

手術前検査の目的

全身状態を正確に客観的に評価し手術に耐えられるか、術後の合併症の予測、予防するために行われる。
手術に必要な検査
病院によっても違うと思うが

血液検査  :1か月以内に採ったもの

肝機能 腎機能 感染兆候 炎症の有無など

血液型検査 :1か月以内に採ったもの
Rh±やT&Sで可能かどうか

感染症   :3か月以内に採ったもの
術者の感染予防のため

レントゲン :1か月以内のもの
肺炎・肺気腫など・心肥大など

呼吸機能  :1か月以内のもの
こうそく・閉塞などあるか スーフルやトリフローを事前にするかどうか決めることあり

心電図   :1か月以内のもの
不整脈などあるか、場合により心臓超音波検査も

尿検査   :1か月以内のもの
とらなくてもOKな時もあり、、、。

全身麻酔と腰椎麻酔などにより検査項目も変わってくる。
心電図やスパイロなど異常があったときにはDrへ伝え指示をもらう。

変更や追加などあればぜひ下よりおねがします。細かいことでも結構です。こうだったかもでも結構です。名前はペンネームでお願いします。150文字で入らなそうな場合は右下のメール欄からお願いします。またサイトを見ていただいている方で答えられるものがあれば答えていただけたら嬉しいです。みんなで解決していけたらいいと思っています。

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。

投稿済みコメントに返信する場合はコメントを選んでから投稿してください。


画像認証
  • 腰椎麻酔行う人は腰椎2方向必ず撮る。椎間を見て腰麻ができるか麻酔医が判断するため --- まき (2014/08/26 04:30:43)
      • -------------------------------------------------------------------




  • 最終更新:2012-07-31 13:47:26

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード