急変時の対応

患者緊急時の対応 対処 

手順 手技 方法 流れ

①急変患者を発見。その場を離れずNSコール(緊急コールを使用)
②急変の程度を把握する。
③意識があるかやV・S、神経症状(意識障害・けいれんなど)その他(出血・SAT低下呼吸苦の程度にもよるが著しい低下時)
(状態によりますが、大量出血・意識の低下 全身けいれん 心停止 など)
④来てくれた看護師に状況説明をし場所の確保(個室・処置室)を依頼し医師へコールしにいく。もしくはPHSでTELしながら移動を手伝う。
{1年生の場合は先輩NSへ状況説明をし先輩NSの指示に従う(ただし、病室から離れず、来てもらった先輩看護師から指示をもらう)・本来であれば、第一発見者が一番状況を知っているまたは担当看護師が一番状況を知っているが、まだ自分で速やかに医師に伝えられないと思うので+担当看護師を探す時間より緊急を要する時もあるので)
※コールが急を要する場合(心停止・圧迫止血できない部位からの大量出血)などは緊急ナースコールとともにどの医師でもPHSがつながる医師へコールをすぐに行う。

1)部屋移動看護師

個室・処置室へ移動し 状況にもよるが
心臓マッサージ or
救急カート・モニター準備 ライン確保準備・採血準備・(酸素・吸引など必要に応じて)をDRがくるまでに準備しておく

2)医師へ連絡する看護師

担当医→同科の医師→他科の医師→アージェントコールとなる
(担当医以外へコールする際は、その患者さんがどういう病気でいつ手術し、今どうなっているのかを伝える、
もしくは緊急性を伝え、直ちに来てもらい来てもらっている間に担当看護師を探し状況を医師に伝えてもらう。

医師到着後

医師の指示に従い、救急処置を行う。
その際 看護師人数にもよるが、
救急カートに1人 記録を取るひとに1人 Drの介助に直接つく人1人+医師の人数分 物品を周りからそろえる人1人から数名 で対処する。

基本的にはDNRを取っている人は、急変しても、落ち着いて対応し、医師へ報告から行い指示通りに動く

急変時の記録の記載内容

①時間②場所③患者さんの状況④バイタルサイン⑤主訴、随伴症状⑥対応と処置
患者さんの処置字に記録する内容
①時間②緊急処置の内容(気道確保・酸素投与・静脈ライン確保など)③処置中の患者さんの状態
④留置チューブやカテーテル・ドレーンのサイズや挿入の長さ⑤投与した点滴や薬剤(時間・投与量・投与方法)⑥施行した緊急検査


変更や追加などあればぜひ下よりおねがします。細かいことでも結構です。こうだったかもでも結構です。名前はペンネームでお願いします。150文字で入らなそうな場合は右下のメール欄からお願いします。またサイトを見ていただいている方で答えられるものがあれば答えていただけたら嬉しいです。みんなで解決していけたらいいと思っています。

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

  • 最終更新:2013-02-07 23:35:20

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード