心嚢穿刺方法

心嚢穿刺方法・心のうドレナージ

心嚢ドレナージ目的

心タンポナーデの治療目的
心のう液の性状しらべ診断する目的

必要物品 準備物品
16Gセントラルカテーテルキット 1%キシロカインポリアンプ 10cc注射器
滅菌手袋 消毒キット イソジン ハイポアルコール 滅菌スピッツ  23Gカテラン針
20cc注射器 防水シーツ 穴あき 中四(穴なしドレープ)滅菌ガーゼ

手順 手技 方法 介助


患者さんに必要性を説明

モニターをつける

防水シーツを下に敷く

医師に消毒キットにイソジンを入れたものを渡し医師にて消毒を行う

医師が滅菌手袋を着用

穴あきを医師へ渡し中四を医師へ渡し患者を覆う

医師に10cc注射器を渡し1%キシロカインポリアンプを不潔にならないように
吸って貰い23Gカテラン針を医師へ渡し局所麻酔を医師が行い、
その間に看護師は20cc注射器+滅菌ガーゼ+16Gセントラルカテーテルキット
 +中四(オイフ)の上に不潔にならないように出す

医師にてカテーテルキットを使用し、穿刺を行う。

穿刺後、心のう液を20CC注射器を使用し医師が吸引をする。
必要時検体を採取

穿刺後滅菌ガーゼにて医師が圧迫その後圧迫ガーゼにて保護

指示された時間安静を守れるよう説明し終了

注意点 留意点

救急カートを用意し行う
検査前後の心電図をチェックする
不安の軽減や鎮静剤を必要時使用する

心のう穿刺観察ポイント 看護 観察事項

低圧持続吸引時
ドレーンの位置の確認、抜けていないか 入りすぎていないかの確認

挿入部の発赤の有無 胸部痛の有無 発熱の有無 呼吸苦の有無(感染による症状)

ドレーンの感染兆候の有無 量や色 性状の観察

ドレーンが閉塞していないか チューブ内の液体(血液貯留)
 を適時誘導する+ミルキングを行う

変更や追加などあればぜひ下よりおねがします。細かいことでも結構です。こうだったかもでも結構です。名前はペンネームでお願いします。150文字で入らなそうな場合は右下のメール欄からお願いします。またサイトを見ていただいている方で答えられるものがあれば答えていただけたら嬉しいです。みんなで解決していけたらいいと思っています。

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

      • -------------------------------------------------------------------




  • 最終更新:2012-08-02 03:37:54

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード