導尿

導尿方法(どう尿)手技 手順
導尿 必要物品 準備物品
 ①滅菌ニプロネラトンカテーテル12Fr  ③キシロカインゼリー ④ビニールシーツ   
 ⑤滅菌ゴム手袋(必要時) ⑥尿器  消毒キット 逆性石鹸
 ⑨尿器カバー ⑩掛け物 

導尿 手順 方法 手技

女性導尿方法


必要物品を準備する。
患者に説明し、スクリーン又はカーテンをする。
体位-仰臥位、病衣は腰まで上げ下肢を掛け物で覆う。
殿部から大腿部にビニールシーツを敷く。(またはオムツ)
股間に尿器を安定した位置に置き両膝を軽く立てさせ開かせる。
ネラトンカテーテルの先端にキシロカインゼリーを塗る。
ネラトンカテーテルが不潔にならないよう注意をする。
未滅菌の手袋を着用し陰唇を開き、尿道口を露出する。
消毒綿球で陰唇、膣前庭、尿道口を消毒する。前から後ろに拭き1回ごとに捨てる。
尿道口を確認した上、右手のセッシ(消毒キット内のを使用)
でネラトンカテーテルの先端から4から5センチのところを保持し尿道に挿入する。
ネラトンカテーテルの端は尿器の中に差し込む
(滅菌尿採取の場合は滅菌試験管または滅菌カップに中間尿を入れる))
ネラトンカテーテルの端を膀胱より低くする。
尿の流出が終わったら、下腹部を軽く押さえ、再度尿が流出しないか確認する
尿が流出しなければ静かに抜去し、ビニールに入れる。
外陰部を消毒する
ビニールシーツを取り除き、患者の衣類・ベッドを整え、安楽に休ませる
尿および使用物品を後始末する。
記録



男性導尿方法


必要物品を準備する
患者に説明し、スクリーン又はカーテンをする。
体位-仰臥位、病衣は腰まで上げ下肢を掛け物で覆う。
殿部から大腿部にビニールシーツを敷く。(またはオムツ)
股間に尿器を安定した位置に置き両膝を軽く立てさせ開かせる。
ネラトンカテーテルの先端にキシロカインゼリーを塗る。
左手で亀頭部をだし、尿道口を露出する。
消毒綿球で尿道口を消毒する。
陰茎を左手で垂直になるように持ち上げ、右手の鉗子でネラトンカテーテルの
先端から18から20センチのところまで尿道に挿入する。
ネラトンカテーテルの端は尿器の中に差し込む(滅菌尿採取の場合は滅菌試験管)
ネラトンカテーテルの端を膀胱より低くする。
尿の流出が終わったら、下腹部を軽く押さえ、再度尿が流出しないか確認する。
尿が流出しなければ静かに抜去し、ビニールに入れる。
ビニールシーツを取り除き、患者の衣類・ベッドを整え、安楽に休ませる。
尿および使用物品を後始末する
記録

観察項目 観察事項 観察ポイント(導尿前)

排尿障害の随伴症状の観察 不安・不眠・冷汗・顔色不良・集中力低下・頭痛など
下腹部膨満の有無
自尿の有無 量 比重 
自尿が最後にいつでたか
6・8時間自尿がなければ一度トイレ誘導を行いそれでも自尿がなければ、
下腹部膨満の有無を確認+無尿・尿閉の因子を確認し医師に確認して導尿をする

因子
手術による影響
(in outの計算や腎機能チェック 長期バルン抜去による影響 エピドラによる影響)
既往による影響(腎不全や前立腺肥大・神経因性膀胱など)
体位による影響(臥床で尿が出せない・立位なら出せるなど)
水分摂取の有無(しっかりと水分を摂取出来ているか確認)など


観察項目 観察事項 観察ポイント(導尿後)
カテーテル挿入痛の有無 血尿の有無 浮遊物や発熱の有無
導尿の目的をしっかりと説明 不安への配慮や羞恥心への配慮
導尿以外に自尿があるかや残尿感の有無
バルン抜去後やエピドラの使用の有無

通常医師へコールし医師の診察のもと原因となりうるもの(上記の因子など)を探り、導尿指示を貰う。
またはエピドラクランプ指示や、IN OUTによっては点滴の負荷の指示などを貰う

下は自己導尿指導について

参照



変更や追加などあればぜひ下よりおねがします。細かいことでも結構です。こうだったかもでも結構です。名前はペンネームでお願いします。150文字で入らなそうな場合は右下のメール欄からお願いします。またサイトを見ていただいている方で答えられるものがあれば答えていただけたら嬉しいです。みんなで解決していけたらいいと思っています。

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

      • -------------------------------------------------------------------




  • 最終更新:2012-08-02 03:29:10

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード