寝たきり患者の寝衣(病衣)交換方法

寝衣(病衣)交換方法

目的

寝衣は保温や汗・皮脂を吸収しているため交換することにより爽快に過ごせるため
必要物品 準備物品
寝衣(病衣・通常寝たきりの場合はガウンを選択する) バスタオル

手順 方法 手技


①カーテンを閉めプライバシーに配慮

②片側の袖を外す
※麻痺がある場合は健側から脱がす
※点滴がある場合は点滴がない方から脱がす

③患者さんを横に向けるため片足の膝をまげる
例)左側に向ける場合は右膝を曲げる
※麻痺がある場合:健側の袖から外すので健側の膝を曲げる

④患者さんを側臥位にして、片手で患者を支え、もう一方の手で汚れた寝衣を患者さんの体の下にいれる
※保温、プライバシー保護のためバスタオルをかけて行う

ここから3通りの手順の説明
1)麻痺や点滴がない場合
2)麻痺がある場合
3)麻痺がある場合の別の手順

1)まひや点滴がない場合

④の続き

⑤寝衣を脱がせた側に清潔な寝衣の袖を通し患者の体の下に入れる。

⑥一度患者さんを仰臥位にする

⑦ベッドの反対側に回り先ほどとは逆の膝をまげる

⑧患者さんを先ほどとは逆の側臥位にする

⑨片手で患者を支え、もう一方の手で患者さんの体の下に入れておいた汚れた寝衣を脱がせる

⑩もうひとつ患者さんの下に入れておいた清潔な寝衣をしわがないように引っ張り仰臥位に戻す

⑪清潔な寝衣に袖を通し終了

⑫再度寝衣のしわを伸ばし終了

2)麻痺がある場合

④の続き

⑤反対側にまわり先ほどとは反対の膝をまげ側臥位にする

⑥麻痺側の寝衣も脱がせバスタオルで覆う

⑦そのまま清潔な寝衣を麻痺側から着せ、清潔な寝衣を患者さんの体の下に入れる

⑧再度反対側(最初の側)にまわり膝を立てて側臥位にして健側も寝衣にそでを通す

⑨寝衣のしわを伸ばし終了

3)麻痺がある場合の別の手順

①カーテンを閉めプライバシーに配慮

②患者さんの頸椎あたりを支え、寝衣を両側とも肩より下の所まで下げる

③両側とも袖を外しバスタオルで保温する

④麻痺側に清潔な寝衣を通し、麻痺側の膝をまげ健側が下になるように側臥位にする

⑤片手で患者を支え、もう一方の手で汚れた寝衣を患者さんの体の下にいれ清潔な寝衣も体の下に入れる

⑥一度仰臥位にして反対側にまわり先ほどとは反対側の膝を立て側臥位にする

⑦汚れた寝衣を取り除き、清潔な寝衣に健側の袖を通す

⑧寝衣にしわが無いように引っ張り終了

看護 観察のポイント 観察項目 観察事項

①爽快感の有無 患者さんの訴え 好みの病衣の選択(自己のものがある場合)倦怠感の有無
②汚れの観察 頭髪の汚れの観察 皮膚のべたつきの有無 発汗の有無
③上下肢の機能障害の有無の観察 麻痺など 高齢によるものなど 立位は可能かどうかや座位の保持が可能かどうか 自力で体交ができるかどうか 
④病衣交換の必要性の理解の有無

変更や追加などあればぜひ下よりおねがします。細かいことでも結構です。こうだったかもでも結構です。名前はペンネームでお願いします。150文字で入らなそうな場合は右下のメール欄からお願いします。またサイトを見ていただいている方で答えられるものがあれば答えていただけたら嬉しいです。みんなで解決していけたらいいと思っています。

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証
      • -------------------------------------------------------------------




  • 最終更新:2012-07-27 16:45:51

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード