全身清拭方法

全身清拭 (寝たきり患者)

目的

①皮膚や粘膜などの汚れを取り除き感染予防+皮膚を清潔に保つため
②筋肉を温めマッサージを行うことにより末梢循環の改善・運動効果を得ることができるため
③爽快感・や闘病意欲を高める

適応
入浴ができない患者
(手術後・ターミナル期で入浴などが負担が強い場合)

石鹸清拭・熱布清拭 必要物品 準備物品
・ 石けん+ガーゼ(陰部洗浄用)
・ タオル
・ ウオッシュクロス
・ ピッチャー(水と湯)
・ 洗面器
必要物品②
清拭タオルのみの場合(保温タオル3・4枚)

手技 手順 方法

・事前に患者の全身状態をチェック

教科書的な清拭の順番
顔→首→両手→腋→胸部→腹部→両下肢→背部→臀部→陰部
(より清潔な部位から行うためただし体交を2回行う必要がある)
下は臨床でよく行う方法。

・顔→首→両手→腋→胸部→腹部→両下肢→陰部→背部→臀部

患者準備

①患者と時間の調整する

②使いやすい位置にワゴンを配置。

③洗面器に湯を入れ、水を加えて50℃程度に調節する。
※体に当たるころに41度程度になるように

④カーテンをする。

手順
⑤患者の病衣を脱がせる。

1)顔
目尻より片手で頭頂部を固定し、目頭から目尻へ片方ずつ拭いていく
前顎部は中心から外側へ向かって拭いていく
鼻・頬部は中心から外側へ向かって拭いていく
口の周囲は、円を描くように拭き、その後下顎を拭く
耳介部の前後を拭く
2)上肢

・遠位の手より拭く


・指先、指間、手掌、手指を拭きその後末梢から中枢に向かい清拭する。


その後腋窩を拭いていく
3)胸部
女性の場合乳房は片方ずつ円を描くように拭き側胸部を拭く
4)腹部
大きな円を描くように拭いていく


・大きな円を描くように拭いていく

5)下肢
抹消から中枢へ拭いていく。
6)陰部(男性)
陰茎の包皮の汚れを拭き陰のうを拭く。
陰部(女性)
陰唇を開いて前から後ろの方向へ拭く
陰部洗浄方法を参照)

背部を拭く
患者を側臥位にして臀部から肩の方向へ拭いていく

臀部(通常失禁をする患者はオムツを使用している)

注意点 留意点

※浮腫のある場合 摩擦刺激により皮膚を傷つけてしまうため優しく拭くようにする。それでも汚れが落ちない場合は石鹸清拭にてしっかり泡立て優しく拭く様にする
 ※浮腫により角質同士のくっつきが弱く、皮膚が摩擦によりはがれてしまうため注意する
※患者さん個々に個別性をつけて清拭を行う。麻痺の有無や疲労感の程度など観察ポイントをアセスメン トし、個々に合わせた方法を考えて行う
※筋肉の走行に沿って拭いていく
※必要以上に露出をさけて行う
 (保温と羞恥心のため)
※末梢から中枢にかけて拭く
 (その際体からタオルを離さないようにして拭く=理由:中枢まで拭き一度体からタオルを離し末梢か ら拭こうとするとタオルが冷たく感じてしまうことがあるため)
※清拭終了後、ナースコールを戻すのはもちろんのこと、自分であまり動けない患者さんであれば、身の 回りの物品の位置に注意して元に戻すようにする。
※ドレーン類が挿入されている患者さんについては清拭中はもちろん、清拭後テープがはがれていないか の確認やドレーンが抜けていないか、または抜けないように注意して行う。
※尿道カテーテル挿入患者さんは必ず1日1回陰部洗浄を行うようにする。
※PEG挿入患者さんも必ず1日1回石鹸洗浄を行うようにする。(PEG造設1週間以降または医師指示以降)
※清拭時全身状態を観察し行い患者の状態により途中で部分清拭に切り替えたり
 デクビ(じょくそう)の有無や皮膚の状態(特にでん部陰部の感染の有無、真菌感染の有無など)の観 察を行う
※患者とのコミュニケーションから情報収集を行う。不安など
※必要以上に手助けをしないで自己でできるところたとえば上肢や顔は自己で行ってもらう

排便時の清拭手順
※通常意識がない患者JCSⅡからⅢ程度
上記寝たきり手順通り行い最後に臀部陰部を行う

理由
・通常意識障害患者さんは2時間ごとにおむつ交換をしているため、よほど下痢で頻回に便が出る人でなければ、皮膚の弱酸性が便によるアルカリ性状態が長く続くことはなく、手順を追って行ったとしても、清拭の10分程度の作業で影響が出ないと思われる。(臀部皮膚に対して)=看護師の看護観により手順は違う、患者さんにとって現在の状況(発熱状況や、ADLなどから)から何を重要と考えるか
※観察ポイント参照

・手順通り行うことにより、必要最小限の体交ですみ、人工呼吸器使用時など、または術後や血圧低値など、循環状態が不安定な場合に不要な患者さんの負担を避けることができる。

よほど便が頻回でアズノール軟膏や亜鉛華軟膏、バリケアパウダーなど使用する場合
上記薬により皮膚の炎症を抑え、皮膚を便のアルカリ物質がついても中和し弱酸性に近づける事が出来ているが、
すでに、発赤やビランになっているときには、通常、排便の処理(陰部洗浄)から先に行い適時使っている薬(
アズノールなど)の評価をしていく。

寝たきりであるが、JCSⅠ程度で循環動態が安定している患者さん
先に陰部洗浄から行い、必要時時間をずらして清拭を行う。

理由
便が付着している状態が不快であり、まずその除去から優先させ、その後の体力などアセスメントまたは患者さんと相談し、その後の清拭を検討する。

看護 観察のポイント 観察項目 観察事項

①爽快感の有無 患者さんの訴え 好みの病衣の選択(自己のものがある場合)倦怠感の有無
②汚れの観察 頭髪の汚れの観察 皮膚のべたつきの有無 発汗の有無
③上下肢の機能障害の有無の観察 麻痺など 高齢によるものなど 立位は可能かどうかや座位の保持が可能かどうか 自力で体交ができるかどうか 
④病衣交換の必要性の理解の有無
⑤個別性に合わせ手順を変更することも重要。
※看護師によって方法が違うのはその患者に合わせた方法(発熱状況や、ADLの日々の変化)またはその看護師の看護観から手順を考えたりするため違ってくることがある。




変更や追加などあればぜひ下よりおねがします。細かいことでも結構です。こうだったかもでも結構です。名前はペンネームでお願いします。150文字で入らなそうな場合は右下のメール欄からお願いします。またサイトを見ていただいている方で答えられるものがあれば答えていただけたら嬉しいです。みんなで解決していけたらいいと思っています。

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。

投稿済みコメントに返信する場合はコメントを選んでから投稿してください。


画像認証
  • 便が出ている場合でも陰部・オムツは最後に交換しますか? --- ほし (2011/09/14 18:57:45)
    • コメントの上に排便時の清拭手順を載せてみました。根拠となる資料はなく、みんなの意見のみです^^;他の意見もあればコメントお願いします。 --- あやちゃん (2011/09/15 11:22:59)
  • 留意点の3項目目の文章がおかしく、ろしつ→ろしゅつではないでしょうか。 --- ナハラン (2012/12/12 22:27:29)
    • ご指摘ありがとうございました^^; --- ayatyan0709 (2012/12/13 20:01:13)

      • -------------------------------------------------------------------



  • 最終更新:2012-12-13 20:00:39

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード