下部内視鏡検査

下部内視鏡検査 方法 手技 手順 介助(CF)

目的

肛門からファイバーを挿入し腸管の観察や組織生検または治療を行う

準備 
同意書の確認 既往歴の確認
食止めの確認
アレルギーの確認 検査データの確認(感染症や出血時間など)

検査前日
①前日夕食より低残渣食へ変更
②下剤の指示の確認(当日のニフレック指示などの確認)+下剤の内服(夕食後MPLなど)
※MPLなどは高齢者だとトイレに間に合わなくなることあり必要に応じポータブルトイレを設置する
③糖尿病などの治療薬やインシュリンまたは当日の朝の内服薬の確認(飲ませるのかどうか+インシュリンはどうするのかどうか)

検査当日検査までの時間
①朝6時にニフレックを2L内服
冷やしたりすると飲みやすくなる。排便の性状を観察することを患者さんに伝える。
※腹満 嘔気 腹痛 冷感などが出現したときには看護師にコールするように伝え2時間かけて飲むように伝える。途中で訪室し患者さんの状態観察を行う。嘔気などが強いなど必要があれば医師へコールし中止の指示を貰う。
②反応便の観察をする。残渣が残っているようであれば、高圧浣腸などを行う。(医師の指示による、薄い透明の黄色程度になるまで)
③常用薬の内服をする(または前日に医師に確認していた通りにスキップする)

検査方法 手技 手順 介助

①病棟でいれば等貴重品を外していく
②検査室にて検査着に着替える
③処置台に処置シーツを敷き左側臥位になる
④モニター(SPO2も)装着し検査5分前にブスコパンを筋肉注射する
⑤医師にてスコープ挿入
⑥検査中声かけを行い口呼吸をしてもらい体の力を抜くように説明
⑦検査に進行に合わせ体位を整える
⑧検査後使用したアンプル・治療内容の確認・検査後の安静時間確認や食止めの確認(EMRやESD観察のみなら水分・食事は問題ない)
⑨患者さんをゆっくりおこし着替えを行う
⑩記録を残す・検体を検査室へ運ぶ

検査後観察項目 観察ポイント 観察事項

②検査後の便の確認
③腹鳴腹満腹壁の観察+バイタルサインの観察
④患者さんの訴え
⑤腹痛の有無

合併症

・直腸穿孔により死亡または人工肛門となる場合がある。
      • -------------------------------------------------------------------




  • 最終更新:2012-10-12 19:46:50

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード