上部内視鏡検査

上部内視鏡検査(FGS) 方法 手技 手順 介助

目的

内視鏡検査は消化管の病変を診断するための検査

検査で分かる疾患
・逆流性食道炎
・アカラシア
・食道静脈瘤
・食道癌
・悪性黒色腫
・バレット食道
・食道カンジダ
・マロリーワイス症候群
・胃炎・胃潰瘍
・アニサキス症
・胃静脈瘤
・胃癌
・十二指腸潰瘍
・乳頭部癌  など


手技 方法 手順

前日21時より絶食
当日検査1時間前まで水分可
基本的に薬は中止またはDr指示に従う
糖尿病患者はインシュリン・血糖の薬も絶食のため中止

同意書を持参し、メガネ・入れ歯などの金属類を外して検査室へ誘導
既往歴・アレルギーの確認
前立腺肥大 心疾患 緑内障 糖尿病 内服抗凝固薬の有無などなど ものによってブスコパンが使えないなどがあるため

検査室にて

①座位になり泡沫粘液除去剤(ガスコン)を飲んでもらう

②キシロカインビスカスをのどにためて5分後に出しキシロカインスプレーにて麻酔を行う

③ブスコパンの筋注を行い左側臥位になってもらう
※ブスコパン禁忌患者さんにはグルカゴンを使用

④医師にてマウスピースをセットしテープで固定後内視鏡挿入
※内視鏡中はつらい時は手を挙げてもらうなど方法を決めておく。唾液はのみこまず出すように説明する

⑤内視鏡抜去後バイタルをはかりうがいをしてもらう

⑥ふらつきがなければ歩行可

⑦内視鏡後の絶食飲水を医師に確認し患者さんへ説明する



合併症

①胃・十二指腸穿孔;深い潰瘍やガンなどがある場合に起こりやすい
※緊急手術が必要になることがあるが、保存的に様子を見る場合もある

②出血:内視鏡検査や生検などで粘膜下の血管を傷つけた場合起きることがある

③咽頭麻酔によるショックなど
      • -------------------------------------------------------------------




  • 最終更新:2012-07-31 13:44:18

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード