ミニトラック 輪状甲状間膜穿刺

ミニトラック挿入介助 手技 手順 方法 トラヘルパー (経皮的気管穿刺針

目的

緊急時の救急蘇生(気道確保)
肺炎などにより喀痰の喀出困難時の痰吸引目的

適応
・痰の貯留があり自己で排痰できず自発呼吸のある患者
・手術後の痰貯留を回避する目的として、予防的な挿管が必要な患者
・気管挿管による人工呼吸管理下の患者で、気管チューブ抜管後の痰貯留の処理が必要な患者

必要物品
①ミニトラックⅡセット
(ミニトラックⅡセット=カニューレ 16Gツーイ針 ガイドワイヤー ダイレーター イントロデューサー ホルダーつきメス 10cc注射器  10Fr吸引用チューブ 15mm接続用コネクター 固定用テープ)
②穴あきドレープ
③滅菌手袋
④消毒セット
⑤イソジン
⑥コネクションチューブ
⑦キシロカイン1%ポリアンプ
⑧10cc注射器+23G注射器
⑨防水シーツ
⑩Y字ガーゼ
⑪肩枕(バスタオルなど)
その他 救急カート

手順 手技 方法 介助

医師が来るまでに準備
 ・仰臥位にて肩枕をいれ、防水シーツを敷く
 ・緊急時は救急カートの準備
 ・バイタルサインの把握

医師が到着後医師に消毒キット(イソジンを入れる)を渡し医師にて消毒を行う

医師に滅菌手袋を渡し医師が着用

医師へ穴あきを渡す

医師に10cc注射器+23G針+キシロカイン1%ポリアンプを渡し医師にて局所麻酔を行う

ミニトラックセットを不潔にならないように開ける
 ・医師にてホルダーつきメス(ミニトラックセットより)を使用し切開

 ・医師にて16 Gツーイ針(ミニトラックセットより)を
  10 mLシリンジ(ミニトラックセットより)に取り付ける

 ・医師にてツーイ針のプラスティックハブ(ミニトラックセットより)を
  取り付けツーイ針を輪状甲状膜に穿刺(エアーが引けることを医師が確認)

 ・医師にて注射器を外しガイドワイヤー(ミニトラックセットより)を通す

 ・医師にてガイドワイヤーを残しツーイ針を抜きガイドワイヤーを使用し
  ダイレーター(ミニトラックセットより)を気管内へ挿入し拡張させます

 ・医師にてダイレーターを抜き、イントロデューサー(ミニトラックセットより)を
  つけたカニューレ(ミニトラックセットより)をガイドワイヤーを使用し気管内へ挿入

 ・医師にてカニューレを押さえガイドワイヤーとイントロデューサーを除去

 ・医師にて付属のネックテープ(ミニトラックセットより)を巻く
 (必要時Y時ガーゼを入れる)

看護師にてサクションを行う

X線撮影を行い挿入部位を確認

終了

抜管方法

患者さんが痰を自己排出できる程度に回復した場合、気管カニューレを抜管
医師にてネックテープを外す

医師にて気管カニューレを引き抜く

抜去部はドレッシング剤(ディオアクティブETなど)で保護。
輪状甲状膜口は、数日で自然に閉鎖する

観察ポイント 看護のポイント 観察事項 観察項目

穿刺後出血や皮下気腫の合併症の観察

看護については 気管内吸引方法 参照


      • -------------------------------------------------------------------




  • 最終更新:2012-11-17 09:47:59

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード