ストーマサイトマーキング方法

ストーマサイトマーキング方法

ストーマ・サイト・マーキングとは

人工肛門を造設するときに適切な位置にマーキングすること
※適切な位置については下記にて!

目的

・ストーマ造設後のセルフケアをしやすくする目的
・マーキングを行うことでボディイメージの変化を受容しやすくする

造設マーキング位置

・臍より低い位置
※臍のくぼみ・しわを避けるため(ただし術式などにより臍より上となる場合がある)
※患者さんの職業なども考慮していろいろ体位を変更してもらいしわの有無を観察
・腹脂肪層の頂点
・腹直筋を貫く位置
・皮膚のくぼみ、しわ、瘢痕、肋骨弓、上前腸骨棘から離れた位置
※なるべく平面を保てる位置
・ベルトなどが当たらない位置
・患者さんが自分の目で見える位置
・患者さんが自分で触れられる位置
・マーキングディスクを年齢や体格によってかえる
体格の良い人7.5・8
一般的には7
を使用

ストーマサイトマーキング 手順 手技 方法

①ストーマを造設する腸管の位置を医師に確認する
②基本線を引く
1)臍の下になるよう横線1本
※臍より下にストーマを立てるのをわかりやすくするため
2)腹部の正中線を引く
※正中線に沿って創部ができるため創部とストーマがあたらないようにするため
3)腹直筋を貫く線
※筋によりストーマが落ちにくい。ヘルニア予防となる
4)骨の位置を確認するための線を斜めに4つ
1211123456.jpg
③いろいろな体位を取ってもらいしわを確認する
④腹部脂肪層の頂点1cm上にマーキングディスクを置き、一定の平面が得られるところを探す
⑤平面が得られたところの中央にしるしをつける
⑥患者さん自身が見える位置触れる位置かを確認
⑦医師に造設可能かを確認
⑧油性ペンでマーキング
⑨記録を残す
・記載時間
・マーキング部位
・しわの程度
・問題点
・患者さんの反応・訴え
メモ
切る大きさにあわせてxを書く
※マーキングの×を長く書きすぎない(医師が手術でそれよりきってしまうことで脱出や陥没のリスク)
洋服や普段着るものをもってきてもらう

ホワイトボード用のマーキングペンを使用

  • 最終更新:2012-11-12 18:20:36

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード