スタンダードプリコーションとは

スタンダードプリコーションとは

すべての患者さんに適応され血液・体液(汗以外)・分泌物・排泄物や粘膜など正常な皮膚でないところに触るときは感染性があると考えて行う標準予防策のこと。

スタンダードプリコーションを行うに当たり大切なこと

・感染症がない人または確認されていないひとでも(すべての患者さんに対して行う標準予防策)のことである。
・個人一人ひとりが確実に行えるように仕組みを整え、管理できる体制にすること(感染リンクを中心に管理体制について評価していく)
※たった一人ができていないだけでも菌が広がってしまうためスタッフ全員が徹底していく必要がある。
(徹底できていないとVREなどが出た時に、病棟内の車いすであったり、手すり、スタッフステーションの電子カルテのパソコンなどから菌が発見されてしまうこともある。)

スタンダードプリコーション(標準予防策)の方法 手順 手技

手指衛生

手洗い 手指消毒

目的=感染の伝播を防ぐ
※清潔な部位から不潔な部位の順で処置を行うようにする。

アルコール手指消毒剤による手洗い

目に見える汚染がないときに優先。
(アルコール消毒の方が消毒効果が高い)
・一処置一手洗いが原則(同じ患者さんでも)
※清潔部位から不潔部位の順でケアを行う=創部→ドレーン→尿パックなど。
※病室へ入る時や出る時。さらに大部屋で別の患者さんの看護に移動する際
※上記の手洗い+アルコール消毒を徹底することが感染防御の基本となる

方法 手順 手技

①アルコール消毒剤を手のひらに必要量のせる。(2プッシュ)
②手のひら全体にアルコール消毒液を広げる
③指先・爪のあいだにすりこませる
④手の甲・指の間さらに親指にもすりこませる。
⑤最後に手首にもすりこませ終了
※しっかりと乾燥させることが重要

石鹸と流水での手洗い

方法 手順 手技

①しっかりと石鹸を泡立てる
②手のひらをしっかりと洗う
③次に手の甲>指先>指の間>親指>手首の順に洗う
④しっかりと洗い流す。

PPE(個人防護用具)

スタンダードプリコーション=すべての患者さん対象
体液に触れる恐れがある場合に着用
例)処置 吸引 排液など
目的=看護師の皮膚・粘膜や衣服を感染のリスクから守る目的
※ほかの防護用具と合わせて使用する
※手袋と一緒に使用する際はガウンの先を手袋で覆うようにする
※ガウンorエプロンの廃棄の際は他部位を汚染しないように内側を包み込むようにして廃棄する

未滅菌手袋

目的=看護師の皮膚・粘膜を感染のリスクから守る目的
・血液・体液・粘液・正常でない皮膚に触れるときに使用
・汚染物質を運搬するときに使用
・MRSAなど汚染または汚染の可能性がある人に対して使用
・採血などの感染防止に使用
※血液暴露時の感染防止

マスク ゴーグル

目的=飛沫感染予防の目的or看護師の皮膚・粘膜を守る目的
N95マスク使用時はフィットチェックを行う(標準予防策ではこのマスクは使わない)
※マスク全体を手で多い息を強くはき鼻や顎に漏れが無いか確認
※ほかの防護用具とあわせて使用する

感染患者・病原菌に対する接触予防策

病原菌:MRSA・VRE・MDRP・ロタウィルス・ノロウィルス・アデノウィルス・病原性大腸菌・赤痢菌・クロストリジウムなど

患者管理

・感染制御の面を考慮し伝播のおそれが高い場合個室管理を行う。
対策
・個室に手袋・ガウン・手指消毒アルコール・感染用ゴミ袋を置く
・血圧計・体温計・聴診器など個別のものを用意し部屋に置いておく

手洗い

・患者自身にも手洗いをしっかりとしてもらう
・看護師も入室時・退出時に手洗いを行う

手袋・ガウン

・患者さんとのバイタルサイン時・環境整備時や処置時など処置前に着用し行う・処置後は退出前にガウンや手袋を外し患者室内にある感染ゴミ袋へ入れる



  • 最終更新:2013-01-13 17:40:26

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード