インスリン注射ペンフィルタイプSC(皮下注射)

インシュリン注射 インスリン注射

必要物品 準備物品
①ペンフィルタイプインスリン②アルコール綿③廃棄ボックス
④針(ペンフィル用)

方法 手順 手技


①ペンフィルタイプのインスリンをあけ針との接続部をアルコール綿を使用し消毒する

②ペンフィルに針をつける

③空うちをする+しっかりと混ぜる
(このとき空気を上に集めてから(針を上に向けて軽く3・4回指ではじく)空うちを行う)
目的としてはインスリンが確実に出ることを確認
針が正しく挿入されているか確認
空気を出すため
ペンフィルが壊れていないかを確認するため
混ぜる理由:インスリンの濃度を均一にするため

④必要単位分ダイアルを回す

⑤看護師2人で必要単位を確認し患者のところへ

⑥患者のところで患者ネーム・ベッドネーム・患者からの呼名にて患者確認する

⑦腹部をアルコール綿でふき取る

⑧腹部にペンフィルを垂直に打つ
打つごとに左右の腹部に交互に打つ
その他の注射部位:臀部 大腿部の外側 上腕の外側(部位によりインスリンの吸収速度が多少違うため腹部なら腹部で毎回行うようにする)

⑨ペンフィルの単位が0になるまでしっかりと押し
10秒数えてからペンフィルを抜く

⑩廃液ボックスに直接針を入れる(リキャップしない)

患者さん指導用パンフレット(例)

①フレックスペンのふたを開けて先端を消毒する 585.jpg
②針を先端にまっすぐ刺して装着する 579.jpg
③2単位ダイアルを合わせて空打ちをする 580.jpg
④必要単位ダイアルを合わせる 581.jpg
⑤打つ所を消毒する 582.jpg
⑥皮下に注射しダイアルが0になるまでしっかりと押し10秒待つ 583.jpg
⑦皮膚から離して針をはずす。針はふたのできる空きビンへいれる 584.jpg

注意点・留意点

保存について
使用中のインスリンは室温保存
理由:冷蔵庫への出し入れを繰り返すことにより故障の原因となるため
使用していないインスリンは冷蔵庫の直接冷気が当たらないところ

はじめて使用するインスリンで空打ちを6回行ってもインスリンが出ないときはそのインスリンは使用しない
(差し込んだ注射針がまがってゴムを通過せずインシュリンがでない可能性もあるため注意)
注射後に針を抜く際は注入ボタンを押したままの状態で針を抜くようにする
(指の力を途中で緩めるとまれにインスリンカートリッジ内に血液が混入することがある)

インスリン製剤によって投与時間が違う
ノボラピット注300超速効型・ノボラピット30ミックス:食直前
ノボリンR・ノボリンN・ノボリン10R~50R      :食前30分

インシュリン種類
種類 効果時間 インシュリン名 使用目的 作用時間
超速効型 投与後数分~4・5時間程度 ノボラピッド注ペンフィル ヒューマログ注カート ノボラピッド注フレックスペン ヒューマログ注キット ヒューマログ注ミリオペンノボラピッド注100単位 ヒューマログ注100単位 食後血糖を抑えるために使用 10分~20分
速効型 投与後30分~7・8時間程度 ペンフィルR注 ヒューマリンR注カート ノボリンR注フレックスペン イノレットR注 ヒューマリンR注キット ノボリンR注100単位 ヒューマリンR注100単位 食後血糖を抑えるために使用 30分~1時間
中間型 投与後1時間30分~24時間程度 ペンフィルN注 ヒューマリンN注カート ヒューマログN注カート ノボリンN注フレックスペン イノレットN注 ヒューマリンN注キット ヒューマログN注ミリオペン ノボリンN注100単位 ヒューマリンN注100単位 基礎分泌補充のために使用 1時間30分~3時間
混合型 速効型と中間型の混合タイプ(投与後30分~24時間程度) ペンフィル30R-50R注 ヒューマリン3/7注カート ノボラピッド30ミックス注ペンフィル ノボリン30R-50R注フレックスペン イノレット30R-50R注 ヒューマリン3/7注キット ノボラピッド30ミックス注フレックスペン ヒューマログミックス25・50注キット ヒューマログミックス25・50注 ミリオペンノボリン30R注100単位 ヒューマリン3/7注100単位 ヒューマログミックス25・50注カート 30分  
時効型 24時間安定し長く効く ランタス注オプチクリック ランタス注カート レベミル注ペンフィル ランタス注ソロスター レベミル注フレックスペン ランタス注100単位 基礎分泌補充のために使用 4時間程度


インスリン投与後食事摂取量が少ないときの対処(化学療法時などで摂取できなかった場合)

①低血糖症状の観察
②血糖測定を行い医師へコール。医師の指示に従う
③糖質の補給(ジュースや飴など)
次回以降も食欲不振などにより摂取が困難な場合は医師と相談し食事摂取1/2以上の場合インスリン定期打ちを行う(食後打ち)
または、食前定期打ちをやめてスライディングスケールを使用するなどの対応を医師と相談する。

食事前血糖の測定忘れ

①医師に確認し指示をもらう
・食後2時間後血糖測定しスライディングスケールにて対応など
②低血糖・高血糖症状の観察をする

インスリンの単位を間違えて打ってしまった。

①単位が足りない場合は追加でインスリン投与を行う
(食後であれば医師へ報告し指示をもらう)
②予定より多く皮下注してしまった場合は医師へ報告し指示をもらう
・低血糖症状の観察
・血糖測定を医師に指示された通りに行う
・その他糖の補給等医師指示に従う。


変更や追加などあればぜひ下よりおねがします。細かいことでも結構です。名前はペンネームでお願いします

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証
      • -------------------------------------------------------------------



  • 最終更新:2014-04-16 10:26:13

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード